カイゴWORKER(介護ワーカー)

介護の入門的資格、介護職員初任者研修はどんな資格?

更新日:

▼ニーズに沿った求人紹介▼

全国40,000件を超える求人

 

介護職員初任者研修は介護の入門的資格と言われています。介護資格は様々ありますが最も取得しやすい資格です。

介護を受ける方の身体に直接触れる「身体介護」には介護の資格が必要になってきますから取得しておきたい資格ですね。

ここでは介護職員初任者研修がどのような資格なのか?

また、取得することのメリットなどについてみていきましょう。

介護職員初任者研修は入門的資格

 

介護職員初任者研修とは

介護職員初任者研修は2013年4月の制度変更により名称が

「ホームヘルパー2級」から「介護職員初任者研修」に変更になりました。

ですので、旧ヘルパー2級にあたる資格と言われています。

介護職員初任者研修は未経験でも取得可能ですし、学歴、年齢も問いません。

短期間集中の講座や土日のみの講座、平日週1日や2日の講座などいろいろなスケジュールの講座があるので働きながらでも取得しやすい資格です。

 

介護の仕事は大きく分けると2つの種類に分けることができます。

掃除、洗濯、料理など家事をお手伝いする「生活援助」と、

食事、入浴、排せつなどの日常生活を支援する「身体介護」です。

 

「身体介護」は利用者の方の身体に直接触れるため介護資格が必要となります。

その介護資格には比較的短期間で取れるものから取得するのが難しい国家資格までいろいろあります。

その比較的短期間で取得できるのが介護職員初任者研修で3ヵ月程度で取得可能です。

ですから介護職の入門的資格と言われています。

 

旧ヘルパー2級の時には施設での実習がありましたが、介護職員初任者研修ではそれがなくなり、代わりとして研修終了後に試験があります。

試験があると聞いて、

難しいのでは?

と思うかもしれませんがその心配は必要ありません。

この試験は受講者を振り落とすものではありません。

介護の理念、技術、知識がしっかりと学べているかどうか、今までの学習を振り返り、確認するための試験です。

ですから、まじめに受講していれば合格できる内容となっています。

 

介護職員初任者研修を取得することのメリット

では、介護職員初任者研修を取得することでどのようなメリットがあるのでしょうか。

介護職員初任者研修を取得することで資格保有者になり信頼度もアップします。

そして、資格手当が付く場合もありますから、給料も無資格より上がる可能性が高くなります。

 

無資格で介護の仕事に就くと知識などもあまりないので業務を行ううえで不安なことも多くでてくることでしょう。

仕事内容や利用者の方についても理解が浅い状態と言えるので避けられないことです。

しかし、資格を取得することで介護に関する知識も十分得られるため仕事にもスムーズに入っていけるようになります。

 

また、介護職員初任者研修では介護の基礎から学べるため、介護の理念、介護とはどういうものなのか、

ということも学べますし、

利用者の方の個性を尊重する介護といった大切なことも学べます。

人間の体の仕組みや医療についても基礎的なことを学べ、介護の現場においても怪我、病気といったことへの対処、予防に役立てることができます。

資格取得により正社員になりやすいというのもメリットの一つと言えるでしょう。

 

さらに、介護職員初任者研修の次のステップとして介護職員実務者研修を取得して、

その後3年の実務を積めば国家資格である介護福祉士の受験資格を取得することが可能になります。

介護職員初任者研修を取得することでその後の介護職におけるキャリアアップへの道が開けてきますので介護職を目指す方はぜひ取得しておきたい資格と言えるでしょう。

 

給与などの条件交渉を代行!

↑利用者の8割が年収UPに成功↑

 

⇒トップページへ戻る

 

-カイゴWORKER(介護ワーカー)

Copyright© カイゴWORKER(介護ワーカー)の評判・口コミ・おすすめポイントを解説! , 2020 All Rights Reserved.