カイゴWORKER(介護ワーカー)

面接対策でやっておきたいこと

更新日:

↓ニーズに沿った求人紹介↓

全国40,000件を超える求人

 

転職において面接が重要であることは言うまでもありません。

面接内容によって採用・不採用が決まると言っても過言ではないでしょう。

面接官に自分をよく知ってもらうことが大切ですが、
自分の言葉でしっかりと伝えること、アピールすることが重要です。

カイゴWORKERでは担当のキャリアアドバイザーが面接を受ける施設ごとに面接対策を行ってくれますが、やはり自分でも面接へ向けての対策をしておきたいところです。

自分でできる面接対策として、どのような点に気をつけるべきかを確認しておきましょう。

面接対策でやっておきたいこと

 

第一印象が大切

面接では第一印象が非常に大切です。

普段の生活においても第一印象というのは大切だと思いませんか?

仕事やプライベートでも初対面の人と出会って第一印象で

「この人はこういうタイプの人かな?」と思ってしまうと、

なかなかそのイメージから抜け出せないことも多いのではないでしょうか。

 

これから付き合いがある人ならイメージは変わる可能性もありますし、
仮にあなたが相手にあまりよく思われていなかったとしても、これから挽回することは可能です。

しかし、面接は時間が短いですよね。

その短い時間で最初に抱かれてしまった第一印象を変えることは無理ではありませんが難しいと言えるでしょう。

ですから、面接官に最初から良い印象を持ってもらうためにも第一印象をよくすることを心掛けることが大切です。

初対面で人が第一印象を決める時間は3、4秒と言われています。

非常に短いです。その短い間に何を基準に決めているかと言うと、

  • 言語情報
  • 視覚情報
  • 聴覚情報

の3つです。

視覚情報は見た目、

言語情報は話す内容、

聴覚情報は声の高い、低い、明るい、暗い

といったことになります。

この内、第一印象を決めるのに視覚情報の占める割合がもっとも多いのです。

しかし、それだけが重要ということではなく3つとも重要なのです。

 

清潔感のある身だしなみで

とは言え、やはり視覚情報は重要になってきますから、身だしなみは清潔感を意識することが大切ですね。

身だしなみは普段から意識するようにしておきましょう。

そうすることで面接の時にもそれが自然になり違和感がなくなります。

では、清潔感のある身だしなみとは?

ということですが、

これは何か特別なことをする必要はありません。
相手から見られる部分がきちんとしているかということです。

つまり、髪型、服装、持ち物などをきちんとしておけばいいのです。

髪の毛は寝ぐせでボサボサだったり、しわだらけの服、ネクタイ、破れていたり汚れている靴など、こういったものはNGですので普段から意識しておきましょう。

特に時間がかかるものではありませんし、大変なことでもありません。

 

笑顔で面接に臨む

面接の時には笑顔も意識しましょう。

もちろん、真剣に話す時は必要ありませんが話の内容などによっては笑顔で話した方が話しも弾みます。

終始、硬い表情だと面接官もあなたが何を考えているのか?

ということがわかりません。

また、「暗い」という印象を与えてしまします。

 

笑顔が出せるような場面では作り笑いでもよいので笑顔を作りましょう。

そうすることで、脳が錯覚して本当に楽しいと思うようになり自然な笑顔に変わってくるでしょう。

笑顔で話していると自然に声のトーンも変わってきます。

明るい口調で話すことで聴覚情報にも訴えかけ良い印象を与えることもできます。

そして、笑顔は相手に移るとも言われています。

その逆で硬い表情のまましゃべっていると相手も表情が固くなります。

これを「ミラー効果」と呼んでいます。無意識に相手に合わせてしまうのです。

ですから、あなたが笑顔を作って面接官にもそれを移すことができれば和やかな雰囲気を作り出すことができ、面接もやりやすい流れに持っていくことができるようになるでしょう。

以上のようなことを意識して面接に臨んでみてください。

 

入職後のアフターフォローもバッチリ!

実際に働く介護士さんの口コミ情報が聞ける

 

⇒トップページへ戻る

 

-カイゴWORKER(介護ワーカー)

Copyright© カイゴWORKER(介護ワーカー)の評判・口コミ・おすすめポイントを解説! , 2020 All Rights Reserved.