カイゴWORKER(介護ワーカー)

介護施設の種類について

更新日:

給与などの条件交渉を代行!

↑利用者の8割が年収UPに成功↑

 

介護資格には様々な種類がありますが、介護施設にも様々な形態の施設があります。

介護施設によって仕事内容も変わってきますし、必要な資格も変わってきます。

ですから、介護職で働きたいと思った時に、

どのような施設があるのか?

その施設ではどのようなことが求められるのか?

ということを事前に知ることが大切です。

どのような介護施設があるのか確認しておきましょう。

介護施設の種類について

 

特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)

通称「特養」と呼ばれている施設です。特別養護老人ホームは公的施設になり、社会福祉法人や地方自治体が運営しています。

  • 身体介護(食事、入浴、排せつの介助など)
  • 生活支援(洗濯、掃除、調理など)
  • リハビリ
  • レクリエーション

などの介護サービスを受けることができます。認知症の方の受け入れも行っています。

本来の目的は在宅復帰することですが、現状では終身利用される方が多い傾向にあります。

 

仕事内容は寝たきりや認知症の方の介助となるため訪問介護などに比べるとハードな傾向があります。

しかし、一人ひとりに適した介護を行う必要があり、
日々業務を行っていくことで介護職としてのスキルアップは確実にできます。

今後、施設も増えていくことが予想され、それに伴い介護職員の需要も増えることが予想されます。

夜勤の有無などにもよりますが給与に関しては他の施設に比べると比較的高いです。

無資格でも働くことは可能ですが、介護職員初任者研修以上の資格を必要とする施設が多くなってきています。

 

介護老人保健施設(老健)

介護老人保健施設は通称「老健」と呼ばれています。

退院後、すぐに自宅での生活が困難な方が自宅で生活できるように在宅復帰を目標として支援します。

医師、看護師、理学療法士などが在籍し医療的ケア、リハビリテーションが提供されます。

仕事内容としては特養と同じような内容になります。

介護老人保健施設も無資格で働くことは可能ですが介護職員初任者研修以上の資格が必要な施設が多いです。

リハビリテーションの専門職と一緒に働くことで、リハビリの知識も得られスキルアップにつながります。

 

サービス付き高齢者向け住宅

通称、「サ高住(サコウジュウ)」または、「サ付き」と呼ばれています。

軽度の要介護度の高齢者または自立している(介護認定なし)高齢者が対象となります。

多くは賃貸借契約を結ぶバリアフリー対応の賃貸住宅で、
住まいと介護サービスは別契約で必要に応じて個別に契約する必要があります。

主に民間企業が運営しており、数は増えてきているので求人の需要も増加が予想されています。

 

通所介護(デイサービス)

通所介護はデイサービスと呼ばれていて、その方が馴染みもあるでしょう。

デイサービスは利用者の方ができるだけ自宅で自立した生活が送れるように支援するものです。

そのために通所介護施設に通います。

その目的は

「高齢者の孤独感をなくす」

「ひきこもりを解消する」

「身体機能の維持」

「家族の介護負担軽減」

などです。

仕事内容は比較的要介護度の低い方を対象とした施設が多いので、日常的な介助とレクリエーションなどです。

求人に関しては送迎があるため運転免許が必須であったり、運転免許を持っていると優遇されるという傾向にあります。

 

通所リハビリ(デイケア)

通所リハビリは通称デイケアと呼ばれています。

こちらもデイケアの方が馴染みがあるかもしれません。デイケアは日帰りでリハビリテーションを受けます。

脳血管疾患などで体の運動障害などがある高齢者の心身機能の回復、維持を目的としています。

仕事内容はデイサービス同様、日常的な介助が主になりますが、レクリエーションの時間は短くなったり、なかったりします。

 

ショートステイ

ショートステイは短期的に介護施設に入所してサービスを受けられるものです。

一時的に在宅介護が難しい時に利用するサービスです。

短期入所生活介護と短期入所療養介護の2種類あり、利用者の状況に応じてどちらを利用するか決めます。

短期入所生活介護は特養などの施設との併設が多く、その仕事内容も特養と同じようなものになります。

短期入所療養介護は老健と同じような仕事内容でリハビリテーション専門職とチームになって介助していきます。

ショートステイはニーズも高く、求人も多くあります。いろいろな方の介護をすることでスキルアップすることもできます。

 

入職後のアフターフォローもバッチリ!

実際に働く介護士さんの口コミ情報が聞ける

 

⇒トップページへ戻る

 

-カイゴWORKER(介護ワーカー)

Copyright© カイゴWORKER(介護ワーカー)の評判・口コミ・おすすめポイントを解説! , 2020 All Rights Reserved.