カイゴWORKER(介護ワーカー)

特別養護老人ホームはどんな施設?

投稿日:

⇒カイゴWORKERだけの非公開求人多数!

\全国40,000件を超える求人/

 

終身利用が可能で、公的施設のため有料老人ホームに比べて、
低料金で利用できることが人気の特別養護老人ホーム。

しかし、待機者も多いという問題も抱えています。

この記事では特別養護老人ホームの施設の特徴や仕事内容、利用するメリット、デメリットなどについて確認していきます。

特別養護老人ホームについて

 

特別養護老人ホームとは?

特別養護老人ホームとは社会福祉法人や地方自治体が運営する公的な介護施設です。

介護保険法では「介護老人福祉施設」と呼ばれています。

一般的には「特養」と略して呼ぶことが多いですね。

要介護度3以上の高齢者が入居対象で本来は在宅復帰が目的ですが、
終身に渡り介護が受けられることから終身利用される方が多いのが実情です。

 

公的施設のため、低価格で充実した介護サービスを受けられることから非常に人気が高く、入居待ちの方が多いというイメージがあるでしょう。

入居に関する条件が2015年から厳しくなり待機者数は減ってきたと言われています。

とは言え、地域によっては数ヵ月待ちという所から数年待ちという所があり、バラつきがあります。

 

特別養護老人ホームの仕事内容

特養は認知症や寝たきりなどで自宅での生活が困難な介護度が高い方が多いです。
そのため、訪問介護などに比べるとハードになると言えるでしょう。

しかし、高度な介護技術も求められるので確実にスキルアップすることができます。

 

特養は施設の規模も大きいものが多く、

業務的にはルーチン化されていて覚えやすい面がありますが、それが流れ作業のようにならないように気をつけなければなりません。

今後も施設は増えていくことが予想されていますし、
特養の介護職員の需要も高まるとみられています。

他の施設に比べると給与、賞与が高くなる傾向にあります。

 

特別養護老人ホームのメリット、デメリット

 

それでは、特別養護老人ホームのメリット、デメリットについてみてみましょう。

 

費用が安い

メリットであげられることとして、一番は「費用が安い」ということでしょう。
有料老人ホームにあるような入居一時金がありませんので月々の利用料のみです。

また、医療費控除が受けられるのもポイントです。

月々支払う施設のサービス利用料のうち、約半額が医療費控除の対象となることから納付する税金が大きく違ってきます。

有料老人ホームなどと比べて毎月の支出が変わらないようにみえても、医療費控除を受けられるので結果的に費用を抑えられます。

 

24時間体制の介護

特養は24時間体制で介護を受けられます。

要介護度が比較的高い方が利用されるので、介護サービスが充実しているのと併せて24時間体制というのは利用者の方、またその家族にとっても安心です。

 

長期入所が可能

介護老人保健施設は同じ公的施設ですが原則3ヶ月という入所期間が決められています。しかし、特養は終身利用が可能なことから終の棲家として選ばれる方もいらっしゃいます。

 

それでは、デメリットはどのようなことがあるのでしょうか。

 

医療体制が整っていない場合もある

特養は看護師が配置されていますが夜間の常駐は義務付けられていません。

その為、夜間に看護師がいないという施設もあります。

また、医師の配置も義務付けられていませんので医療依存度が高い方は入居できない場合もあります。

しかしながら、最近ではそのようなニーズが高まっていますので医療的ケアが充実した施設も増えつつあります。

 

待機者数の地域差

待機者数は減少傾向にありますが、地域によって差があります。

入居できるようになるまでの間、在宅介護するのか、他の老人ホームを利用するのか、といったことも考える必要も出てきます。

 

給与などの条件交渉を代行!

\利用者の8割が年収UPに成功/

 

⇒トップページへ戻る

 

-カイゴWORKER(介護ワーカー)

Copyright© カイゴWORKER(介護ワーカー)の評判・口コミ・おすすめポイントを解説! , 2020 All Rights Reserved.